アズール大阪/心斎橋店

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

春の白浜はこんな感じ!快適に海を潜るために、ダイビングスーツ選びが重要

海の天気は毎日こまめに確認し、気温と水温、海況の変化には敏感ですが、大阪にいるときの天気はテキトー。

この時期、服装でよく失敗するたかしです🐰

春の服選びって難しい。。。

3月のある日、大阪から2時間くらいの和歌山県の南部(みなべ)へ、ばっちゃんとかわもと一緒にファンダイビングツアーで行ってきました🚙💨

陸上はポカポカしてましたが、水中はまだヒンヤリなので、ドライスーツのインナーは薄手にするのは早そう。

ダイビングスーツを衣替えすることで、1年じゅう快適にダイビングができますが、衣替えのタイミングやインナー選びは大事です👕

そこで、

和歌山の季節による快適ダイビングスーツを紹介します!

【1月】透明度バツグン!水がめちゃくちゃキレイ

平均気温10℃
平均水温18℃
ドライスーツ
(サーマル上下+ヒートテック+厚手の靴下)

沖縄みたいな透明度で、スーッと透き通った青い海!あまりのキレイさにニヤニヤしちゃう🎵

ブリ、アジ、カマスの魚群がすんごい🐟

紀伊大島のダイビングポイント内浦ビーチで1月ファンダイビング

カエルアンコウ、マトウダイ、ダイナンウミヘビなど、ダイビングをしていないと知らないような、冬の風物詩に会えます。

砂地から顔を出すダイナンウミヘビ

【2月】スーパーブルー!安定の透明度

平均気温11℃
平均水温14℃
ドライスーツ
(サーマル上下+極暖ヒートテック+厚手の靴下)

気温、水温共に1年で1番低くなります⛄
ただ、透明度は年間でぶっちぎり!!

南紀白浜のダイビングポイント色津で2月にファンダイビング

いろんな種類のウミウシ最盛期!

ウデフリツノザヤウミウシ,ピカチュウウミウシ

寒いのは防寒対策をちゃんとすれば大丈夫✊
めちゃくちゃキレイな透明度と、いろんなウミウシを見に行くならこの時期です✨

【3月】後半にかけて春の準備

平均気温15℃
平均水温16℃
ドライスーツ
(サーマル上下+ヒートテック+靴下)

陸上はポカポカしてきますが、水中はまだヒンヤリ。
水中の防寒対策はしっかりしましょう!

冬のウミウシはそろそろお別れ👋

後半にかけては海藻が芽吹いてきて春の予感🌱

【4月】春の海へまっしぐら

平均気温19℃
平均水温17℃
ドライスーツ
(サーマル上下+靴下)

気温はさらに上昇☀だけどまだまだ水中はひんやり!

3月の白浜ファンダイビング,ヘコアユと海藻

海藻がすくすく育ってきて、生き物たちは産卵の準備を始めます🐠✨
緑が深まり、水中はまるで森の中にいるような景色です🌳

【5月】子育ての季節

平均気温22℃
平均水温19℃
ドライスーツ
(ロンT+スエット+靴下)

昼間はTシャツでも過ごせるくらい暖かい日が多くなりますが、油断大敵!

気温と違って水温はゆー-っくり上がっていくので、まだまだドライスーツ!
インナーは薄手でOK👕

5月のファンダイビング,串本でイカの王様アオリイカの産卵

個体によっては1mにもなるイカの王様、アオリイカの産卵が始まります🦑

【6月】赤ちゃんがいっぱい

平均気温25℃
平均水温23℃
上旬ドライスーツ
(Tシャツ+レギンス+靴下)
下旬ウェットスーツ

そろそろダイビングスーツの衣替えシーズン☀

天気、気温によってタイミングをみましょう😊
たかしは寒がりなので6月の終わりくらいからウェットスーツに衣替えします。

いろんな生物の卵が孵化し始める時期、アオリイカの赤ちゃんかわいい💕

アオリイカの赤ちゃん

生物によっては子供のころと大人の姿が全然違うやつらもいるので、お見逃しなく👀✨

【7月】南風!夏の準備

平均気温29℃
平均水温25℃
ウェットスーツ

陸上では夏本番🏝水中では夏の準備が始まります🐠

ミナミハコフグの赤ちゃんやタツノオトシゴ、クマノミの赤ちゃんがこんにちは✨

南紀白浜,串本,和歌山でファンダイビング,ミナミハコフグの幼魚

ナイトダイビングでサンゴの産卵も狙い時♪

【8月】トロピカルな南国生物がいっぱい

平均気温30℃
平均水温28℃
ウェットスーツ

南国の生物パラダイス✨🏝

ドリー(ナンヨウハギ)、イルカ、アオウミガメ、キラキラのソフトコーラル。

沖縄のアオウミガメ

夏の海ならではのトロピカルな景色になります🌺

【9月】台風シーズン突入

気温27℃
水温27℃
ウェットスーツ

トロピカルも最盛期✨冬とはまた違う、夏の青い海があります🌺

9月ファンダイビング

生物の数、種類がめちゃ多い時期🐡

和歌山の9月ファンダイビング

ダイバーにとっては厄介者ですが、生態系には欠かせない台風🌀
海水温が上がりすぎるのを防いだり、海水をかき回すことで深い水深まで酸素を届けたり!

和歌山は太平洋側なので、台風の影響をもろに受けますが、関西で影響なくダイビングができるエリアもあります✊

【10月】秋の準備

平均気温23℃
平均水温23℃
上旬ウェットスーツ
下旬ドライスーツ
(Tシャツ+レギンス+靴下)

朝晩がひんやりする季節🍁

天気と水温によってダイビングスーツを選ぶ時期です。
水温はまだ暖かいですが、ダイビング休憩中に羽織れるボートコートがあると便利です!

夏はあんなに小さかったのに。。
すくすく成長した生物に会えます🐟✨

【11月】生き物の種類が多い

平均気温18℃
平均水温20℃
ドライスーツ
(サーマル上下+靴下)

水温はまだ暖かいですが、陸上では防寒対策をしましょう😊

風向きも南から北風へ変わり、水中も冬の支度をはじめます。

水温の低下とともにプランクトンが減って透明度が上がってきます✨

【12月】透明度がアップ

平均気温12℃
平均水温18℃
ドライスーツ
(サーマル上下+ヒートテック+靴下)

 水中は冬モード⛄

格段に透明度がアップし、ちらほら冬の生き物たちがやってきます。

クリスマスや年末年始のイベントをしているダイビングポイントもありますので、ぜひ潜って見に行ってみては🎄

ドライスーツ専用インナー「サーマル」て何!?

気になった方はクリック!
👉冬はツンデレ!ダイビングの便利グッズをご紹介🌟

 

まとめ
ウェットスーツ
6月中旬~10月中旬
天気と相談しつつ、水温23℃以上がおすすめ!
 
ドライスーツ
10月中旬~6月中旬
インナーを変えて温度調節!

先日の南部のメインポイントは「南部出しアーチ」🏔

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Azul dive project 心斎橋店(@azul.shinsaibashi.dive)がシェアした投稿

一人ずつしか通れないトンネルは、ちょっとソワソワして楽しかった😆
透明度(水の綺麗さ)は15Mくらいでした✨🎵

ファンダイビングツアー情報はHPにて更新中!
ご予約はこちらから🌺

久しぶりのダイビングはスクール同行がおすすめです🎵
講習内容の振り返りや、練習にピッタリ!
ご予約はこちらから🌻

海でお会いできるのを楽しみに待ってます😊🐰

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥29,800

残り

4

名様

アズール大阪/心斎橋店