ダイビングライセンスを取得するならアズール大阪/心斎橋店

NEWS

ニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビングの必須アイテム・・・・ダイビング器材

こんにちは。
無理な筋トレしすぎて肘を壊した今日この頃高野です。
僕もトミージョン手術受けようかな…

前回のブログでダイビングライセンスを取得した後は、
定期的に潜りに行って慣らすのが大事と書いたんですが、
今日はどういう事かというのを、具体的にご説明していきます。

まず、ダイビングは体力や身体能力などは一切関係なく、
健康であれば、どなたでも楽しむ事が出来ます。
例えば、泳ぎができなくても大丈夫です。

ダイビングでは、レギュレーターという呼吸器を使って呼吸するので、
溺れる心配もなく、水中で呼吸が出来るからです。
ちなみに僕は水泳は大の苦手です。。

また、慣れるのにもいろんな要素があります。
まずは

水中での呼吸に慣れる…これは普段の呼吸と少しちがうのが、
口にレギュレーターを加えて呼吸をする。

つまり
陸上…鼻呼吸
水中…口呼吸
の違いがまず一つ。
あとは、水中に入ると人間の深層心理として、
どうしても「息吸わんと苦しくなる」と思って、
吸って吸って吸ってってなってしまうと少し苦しく感じます。
なので、呼吸のコツは「息を吐いて吐いて吐いて」って、
吐く方を意識的に呼吸をするって事です。
ゆっくりなが〜く吐くってゆーのがコツです。

あとは、水中環境に慣れるという事です。
これはどういう事かと言うと、
例えば日常で例えると、新しい職場で働くってなったら、
まずはその職場環境に慣れるってゆーのが大事でしょ。
それと同じです。
陸上とは違うので、最初は自由が利かなかったり、
ストレスを感じたりする事があるんですが、慣れてくると、
今度は絶対に陸上では目にしたりする事が出来ない世界が水中には広がっているので、
全てが新鮮で感動出来ます。

そして、これが最も大事な事なのですが、ダイビング器材の扱いに慣れる。
ダイビングは器材の遊びと言われるくらい、器材の扱いが大事になってきます。
これは人間は陸上生物なので、本来、水中に長時間いる事は出来ないのですが、
ダイビングでは何故それが可能なのかと言うと、
ダイビング器材を身につけているからなんです。

ダイビング器材は必ず身につけるものだけでも
マスク…視界を確保する(不織布のマスクちゃいます)
フィン…足ヒレ(フィレ肉ちゃいます)

スノーケル…水面を泳ぐ時に呼吸する(外人の名前ちゃいます)
ダイブコンピューター…浮上スピード測る(最新のファミコンちゃいます)

レギュレーター…呼吸する(大事‼︎)
オクトパス…万が一レギュレーターが故障した時の予備(タコちゃいます)
ゲージ…ボンベの空気の残量測る(ケージェーはドラゴンアッシュです)
BCD…浮いたり沈んだり、浮力の調整(BC Gはハンコ注射です)

スーツ…水中で寒くならないように保温するダイビング用の服(洋服の青山には売ってません)

などなどがあります。

沢山の器材を身につけるので、
これらの扱いをちゃんと出来ればすごく快適に安全に潜れてきます。
そして、器材の扱いに慣れてくるのって、
大体20回くらい潜ったときなんです。

ですので、ダイビングを楽しむ為にはダイビングライセンスを取得してから、
ある程度の回数潜るって言うのが必要なんです。
回数を重ねれば重ねる程、ストレスなく潜れますし、
回数を重ねれば重ねる程、楽しくなって来ます。
とゆー感じです。

みなさんも末永く長い目でダイビングを趣味として楽しんで行きませんか⁇
なるほどっ!!て思われたら、是非一度無料説明会にご参加ください^_^
https://azu-l.com/campaign/

アズールでは皆様が安心してお越しいただけるように、感染対策をし、店内の抗菌も施しております^_^
みなさん是非一度^_^

ARCHIVES
CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥19,800

残り

4

名様

アズール大阪/心斎橋店