アズール大阪/心斎橋店

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "DIVING LICENSE NEWS"

ダイビングベストシーズンガイド|理想の時期で海中世界を満喫

こんにちは😊
アズールのスタッフゆうです♪
夏がついに終わってしまいましたね( ;∀;)
突然ですが、こんなことを思ってはいませんか?

「夏が終わったから、ダイビングも終わりか~
 したい気持ちはあったけど、できなかったなあ」

違いますよー!!!
もちろん、夏は楽しい時期ではありますが、実はこれからの秋・冬もとっても魅力的な遊びなんです✊
秋・冬はダイビングのベストシーズンなんて呼ばれることもしばしば。。

 

ベストシーズンは場所によって違う

日本には四季があり、北は北海道、南は沖縄に渡るまで、まったく違う環境でダイビングをすることができます。

例えば、同じ時期でも北海道ではクリオネがみられ、沖縄ではカラフルな魚がみられたりします。

気候、潜る場所、見たいものによって、ベストシーズンは変わるという事になります☆

 

 

大きく分けて、本州と沖縄ではベストシーズンが違います。

本州

春先には、水温が上昇し、それに伴ってプランクトンが増加し始め、透明度が低下します。しかし、9月ごろから透明度が徐々に向上し、1月から2月にかけてが一年で最も透明度が高まります。水温は低いですが、これらの期間には沖縄と同じぐらい美しい海を楽しむことができます。

 

沖縄

7月から9月は、水温が最も暖かく、ダイビングが最も快適な時期ですが、他の月と比較して透明度がやや低くなります。同時に、観光客が最も多く訪れる時期でもあり、混雑が予想されます。さらに、この期間は台風が最も頻繁に発生する時期でもあります。

 

 

こういったように、「ダイビングのベストシーズンは夏」と一般的には思われていますが、ダイビングは夏だけではなく、通年で楽しむことができるマリンアクティビティです。

同じダイビングポイントで潜っても、季節により海の中の様子は全く違う姿を見せてくれるのです。

 


冬のダイビングは寒くないの?かというと
寒くない!と言いたいところですが、、、
寒いのは、寒いです😂

ただ、皆さんが想像しているほど寒くはないですよ(*^▽^*)
冬でも陸上の気温と比べると、水温の方が全然暖かいのです🌞

 

ダイビングは冬がオススメ!ポイントは3つです✨✨

水中がキレイになる

特に近場(大阪近辺)の海では顕著に違いがでてきます!
夏場は魚が増える代わりに、魚の餌となるプランクトンや海藻が増えてしまうので、濁りが発生してしまいます。
キレイな時もあるのですが、運が悪ければお味噌汁の中にいるみたいな海に潜ることもよくある話( ;∀;)

そして夏といえば「台風」のおでましです🌀🌀🌀
水中にうねりや流れが発生しやすくもあり、注意が必要⚠
台風によって水中がかき混ぜられるので、水中はニゴニゴ・・・(>_<)💦
こんな海👇💦うきゃー

台風後の濁っている海でダイビングをしているダイバー二人

また、秋・冬の海は夏に比べ水温が下がるので、プランクトンや海藻がいなくなります。
台風の影響もなくなるので、水中の透視度(海のキレイさ)はグンと上がりるんですね!!
台風発生による、海況不良のツアー中止も減りますしね😊✨
秋・冬の海はこんな感じ!!コレ、上の写真と同じ海で撮ったものです📷

冬場の透明度の高い海でダイビングをしているダイバー
全然違うでしょ~( *´艸`)
近場の海でも、冬場は沖縄のような水中に出会えることも✨✨
キレイな海はすばらしいですね🎵

宝石のような生き物に出会える💎

秋・冬の醍醐味といえば「海の宝石」と呼ばれる生き物がいることです☝

ウミウシとは
漢字にすると「海牛」と書きます✍
頭にある触角が牛の角のように見えることからウミウシと名付けられたようです😳
ウミウシにはたくさんの種類が存在し、様々な色味や形をしております♪
大きさは基本的に親指の爪の上に乗るくらいっ
その種類・見た目の豊かさから虜となるダイバーが数知れません✨✨


ちなみに、私が一番好きなウミウシは「ピカチュウウミウシ⚡
」です♪
正式名称は「ウデフリツノザヤウミウシ」と言います(>_<)💦なが!!
触角の模様がピ〇チュウに似ていることからそんな愛称が付きました👏
水中のピカチュウウミウシ(ウデフリツノザヤウミウシ)
かわいらしいでしょう💕
水温や潮の流れの変化によって、近場の海でもこういったステキな生き物たちに出会えることは魅力のひとつになりますね🐠✨
ウミウシ以外にも、秋・冬は小さくかわいらしい生き物がたくさん遊びに来てくれます✊

移動時間が軽減される🚙

当店ではライセンス取得のための海洋実習(練習の海)では主に和歌山県の白浜の海で行います!
そして白浜といえば、夏場は近畿圏内NO.1海水浴場ともいえる「白良浜海水浴場」があります🏖
と、いうことは、、、高速道路が混みます。
ちょっとどころではないです。めちゃめちゃ混みます。

特に帰りなんて、普段は2時間ちょっとで大阪市内に到着するのですが倍の4時間かかることもしばしば。。
ダイビング終わりに長時間の運転はしんどい(>_<)💦
ただ、海水浴シーズンが過ぎ去ると混雑は解消!!
秋・冬は車も少なく、移動時間が大幅に軽減することができるんです🚙🎵
海岸の段差で女性二人が背中向きに座っている

 

やっぱり暖かい時期に楽しみたい

冬の魅力はたくさんありますが、やっぱり夏に全力で楽しみたい!そんな方にオススメなのは、

空いていて、透明度が高い冬の間にライセンスの取得をして、夏に思いっきりファンダイビングを楽しむこと!です。

 

ライセンスを取得してすぐには、思いっきり満喫できることが少ないダイビング。

それは、ダイビングは「慣れ」が必要だからです。

潜降・耳抜きがスムーズに出来る、中性浮力がとれる、魚や景色を楽しむ余裕があるなど、経験を積んで慣れていくことによって、全力で楽しむことができるからです。

ですので、夏にストレスなく楽しむには、少し前の時期からライセンスを取得しておく方がいいでしょう☆

 

よくある質問

Q:ライセンスを取るのに最適なシーズンは?

A:夏以外、特に秋から冬がオススメです。夏は予約が取りにくかったり、現地サービス、ボートの上も混んでいます。自分のペースで受講したい・海に不安を持っている方は、秋・冬など、人が少なく、海の透明度が高い時期がオススメです。

 

Q:和歌山のベストシーズンは?

A:春は、水が非常に濁りやすくなります💦この「春濁り」では水中が真っ白になりますが、その中で魚の求愛シーンが見られたり、幼魚など可愛らしい魚たちがたくさん見られます。

夏は気温が高く、海水浴に最適な季節です。しかし、台風が発生し、和歌山は西風が吹くことから、コンディションが悪い日が多いです。

秋は水温がまだ暖かく、心地よい季節です。魚の数も最大になり、大型の回遊魚なども登場します。穏やかで透明度が高い日が続きます。

冬になると水温は下がりますが、実は透明度が最高になります!和歌山でも沖縄に匹敵するほど美しい海が広がります。冬にしか見られないマクロ生物なども存在し、カメラダイバーにとっては最も楽しみな時期かもしれません。

 

まとめ

ダイビングのベストシーズンは、潜る場所によって異なります。

同じ場所でも時期によってみられるものが違うので、海は無限に私たちを楽しませてくれます。

他にも、秋・冬しか潜ることのできないダイビングポイントがあったり、魅力がもりだくさん!!
ぜひこの機会に、ダイビングスタートしてみませんか?✨



まずはダイビング無料説明会へお越しくださいませ🐠💕
ご来店は新型コロナウイルス感染予防対策のため、完全ご予約制となっております😊
お問い合わせはコチラから👇
秋・冬のダイビングは魅力がいっぱい♪

スタッフ一同マスク姿でお待ちしております(#^^#)
----------------------------------
🌟新型コロナウィルス感染予防対策実施中🌟
コロナ感染予防対策中パッケージ
11.12月ダイビングツアーUPしております✊!
ぜひぜひご参加くださいませ🌼✨

また、お友達のご紹介キャンペーンなども随時行っておりますので、お声かけてみてください~!!
ダイビング興味ある!!という方がおりましたらスタッフまでどうぞ😊💘

----------------------------------
👇他のブログはコチラから👇

ダイビングを始めるには??
ダイバーは泳げない人が多い🏊
必見!ダイビングの器材にも健康診断がある
海のバディは作るか、作り出すか
ダイビング~メイクについて~
ダイビング~生理について~

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥19800

残り

4

名様

アズール大阪/心斎橋店