ダイビングライセンスを取得するならアズール大阪/心斎橋店

NEWS

ニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビングライセンスとは?改めて考えてみた

みなさまお久しぶりです。高野さん(まーくん)のマスクを燃やした以来の登場、りゅうです?25日から緊急事態宣言が出ましたね・・・。また給付金入らへんかな。10万円入ったら何を買いますか?僕はエアウィーブのマットレスって決めてるんですけど人生の1/3をベッドの上で過ごすことを考えたらほしくて堪らなくなりました今日この頃です。
今回の記事テーマは「ダイビングライセンスとは?」こんなビッグなテーマで記事を書こうとしている自分が恐ろしく、既にキーボードが1時間ほど放置されております。

高野さんのマスクを燃やした記事はこちら

 

ダイビングライセンスとは?


ダイビング免許,ダイビングライセンス,ダイビング資格
よくCカードと呼ばれます、Certification card(サーティフィケイションカード)の略で認定書の意味です。ダイビングライセンス、ダイビング免許、ダイビング資格=Cカードのこと

 

ダイビングライセンスはどうやって取得する?


ダイビング免許,ダイビングライセンス,ダイビング資格
方法はダイビングショップにいって申し込みをするのですが、車の免許と同様に学科講習(座学)と実技講習(海洋実習)を受ける必要があります。そして知識(学科講習)&スキル(海洋実習)を習得すれば認定となり、ダイビングライセンスを取得することができ、世界の海で潜れる権利をもらえる訳ですが・・・

 

ダイビングの資格をとるだけでは意味がない!


ダイビング免許,ダイビングライセンス,ダイビング資格
車の免許と同様にダイビングする期間が空いてしまったり、ライセンスを取得するだけで満足してしまうとペーパードライバーならぬ、ペーパーダイバーになってしまう。ではダイビングのライセンス講習(学科と海洋実習)で100%身につかないのですか?という疑問がでると思うのですが、その通りでダイビングの資格を取得しても不十分。車の免許を取得しても公道で自信を持って運転できるかというとそうでもなく、御堂筋の6車線道路を走るのは不安です。つまりダイビングライセンスは受講して"最低限のことができたダイバーの証"であり、ダイビングが上手でスキルが完璧ではないということ!だから次の内容がとても重要!

 

ダイビングを楽しむために

ライセンスを取得してダイビングを楽しむためには水中での余裕が必要です。わかりやすくいうと友達ダイバーに目配り、気配りできる余裕があれば楽しむことができます。そこでライセンス取得にあたり必要な5つのこと

 

ダイビング講習の期間を最短受講


学科→プール体験→海洋実習までの期間をできるたけ短くしましょう。学科内容と海洋実習のスキルは期間が空くほど忘れがちになるので要注意です。

 

セルフスタディ


疑問を持つことが大切です、ダイビングの学科では初めてきく言葉、気圧変化などの難しい話があります。そういった疑問を放置せず、理解するまでインストラクターに聞く、教科書を見て調べる。さらにはダイビングにどのような影響があり、どのような対策が必要であるかを理解すること。

 

海洋実習でのダイビングスキルをイメージトレーニング


プールでの体験ダイビングや海洋実習で実際に行うスキルを事前に動画を見て予習しましょう。

 

イメージトレーニング力について
ハーバード大学で実際に行われた実験でバスケットボールのフリースロー練習を3つのチームに分けて、
Aチームは20分のフリースロー練習を3ヶ月間、毎日しました
Bチームは20分のフリースローのイメージトレーニングを3ヶ月間、毎日しました
Cチームは何もせず3ヶ月間過ごした結果

Aチームのフリースロー成功率24%UP
Bチームほぼ同率の23%UP
Cチームは変化なし。

イメージをするコツはスローモーションにすることで細かな動作に気を向けることだそうです

 

ダイビング器材になれること


ダイビングは器材にとても左右されるスポーツです、ダイビングはマンタなどの水中生物や圧巻の景色を見たく始める方が多いですが、それは自分のダイビングスキルを身につけてから心から楽しめるものです。スキルを身につけるためにはBCDの操作など自分の器材に慣れること。どれだけ最新で高性能だったとしても使い方がわからない状態では意味がありません。逆にいえば操作が複雑で使いにくかったとしても慣れていれば問題はないのです。

 

ダイビング経験本数を20本まで増やす


ダイビングのレベルを表す指標にもなっている経験本数。海外国内問わずファンダイビングを予約する際は必ず聞かれる経験本数です。初級ライセンス(水深18M)の経験本数は4本、中級ライセンス(水深30M)の経験本数は5本で合わせて経験本数が9本。残りの11本をファンダイビングでさらに感覚を掴み、自分の器材に慣れること。20本は目安になります。

 

 

以上がダイビングを楽しく、上達する方法であり、慣れるまでに必要なことでした。
受講生の皆さんも、ライセンスを取得済みのダイバーの方も、これからダイビングを始めようと思っている方もこの記事を読んでいただきありがとうございました?

 

ARCHIVES
CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥19,800

残り

4

名様

アズール大阪/心斎橋店