アズール大阪/心斎橋店

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

シュノーケリングとダイビングの違い

こんにちは。

おおかわです。

今年も残り354日ですね。

早いものです。

 

年が明け新しい事にチャレンジしてみようと思う方は多いと思います。

ダイビングライセンスの取得を目標にされる方もいらっしゃるでしょう。

一人では寂しいので、友達をダイビング誘ったところ、

 

「シュノーケリングで良くない❓」

 

確かにライセンスも必要なく、ある程度の道具さえあれば後は海に入るだけです。

※ちなみにダイビングは一人でも全然問題ありません。

 

シュノーケリングとダイビングの違い、

ダイビングライセンスを取得して十分楽しんだ後にシュノーケリングをやってみた私が、

実体験を元に説明したいと思います。

 

それぞれの違いを比較

 

シュノーケリング

比較的浅い場所でメインは水面。

ライフジャケットや浮き輪で浮かんだり、泳ぎながら水中の観察をします。

 

使う道具 : 水着、マスク、シュノーケル、フィン、ライフジャケット

海の入り方 : 砂地や岩場など陸地から海に入る。またはボートで移動して海に入る。

 

 

ダイビング

ポイントやランクにもよりますが、水深10m〜20mくらいで、メインは水中。

 

使う道具 : ダイビングスーツ、重器材(水中で呼吸するための道具)、タンク、

マスク、シュノーケル、フィン

軽器材と呼ばれる、「マスク、シュノーケル、フィン」は同じですね。どちらでも使えます。

 

海の入り方 : これもシュノーケリングと同じです。

陸地から海に入る方法をビーチエントリー、ボートからをボートエントリーと呼びます。

 

こちらがビーチエントリー。

 

こちらがボートエントリー。

※こんなに高い所から飛ばなくても良いです。

 

長所と短所

 

シュノーケリングの長所は、

お手軽、道具が少ない、基本的にお金がかからない

といった所でしょうか。

 

短所とまでは言えないかもしれませんが、

見れる景色はダイビングの方が良いです。

やはりボートで移動しないと辿り着けない絶景ポイントはあります。

 

私も石垣島でボートで移動してシュノーケリングしました。

ビーチでは想像していた景色が見れなかったのです。

 

確かにきれいでウミガメとも出会えましたが、

ダイビングと比べるとなんかサンゴが遠いなと感じました。

実際の写真です。

 

これくらい潜れればウミガメも近いです。

 

おなじ石垣島ですが、ダイビングだとこんな感じです。

 

テレビや雑誌で見た景色に出会うにはダイビングでないと難しいと思います。

現地を知り尽くしたプロのショップが案内してくれるポイントはすごいのです!

 

後はシュノーケリングは水面移動なので、波の影響をまともに受けます。

フィンを付けていても波があるとなかなか進まないです。

ある程度の水泳スキルは必要です。

慣れていない方は意外と疲れると思います。

 

もちろん慣れや練習は必要ですが、ダイビングは水中で浮かんでいるだけです。

流れがあり進まない事はありますが、水面ほどではありません。

 

公平にダイビングの短所を挙げると、

タンク・器材が重い、ボートで酔う事がある、お金がかかる、ライセンスが必要などでしょうか。

 

まとめ

 

どちらも長所・短所があると思います。

またダイビングは体験した事のない方が多数ですので、

なかなか想像できない事も多いと思います。

 

そんな一歩を踏み出せない方の為に、

アズール心斎橋店 無料説明会を随時開催しております!

疑問点を解決して新しい事にチャレンジしてみませんか?

 

※最後にシュノーケルとスノーケルの違いは、

シュノーケル(ドイツ語)、スノーケル(英語)だそうです。

調べてみると色々激論を繰り広げていますが、どっちでも良いです。

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥19800

残り

6

名様

アズール大阪/心斎橋店