アズール大阪/心斎橋店

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

「体験ダイビングが怖かったあなたへ:恐怖を克服するステップ」

どうもゴウです🐵

今回のGO BLOGでは体験ダイビングで怖い思いをされた方へもう一度ダイビングに挑戦してみようかな?と思って頂きたいという思いで書いていきます😄

 

はじめに:体験ダイビングの不安と恐怖

まず、体験ダイビングというものがどういった遊びなのか想像できない方もいますよね!

こちらのBLOGで体験ダイビングについて紹介してますので参考までにご覧ください!

【初心者必見】体験ダイビング|何メートル潜れる?体験時間は?など徹底解説

体験ダイビングという遊びを要約すると

・ダイビングライセンスがいらない。

・浅いところで潜ることができる。

・お手軽にできる。

一見簡単そうな感じはありますが、人によってはトラブルが起こってしまい恐怖を感じた方や不安感が残っている方もいらっしゃいます。

実際どういった場面で不安や恐怖を感じるのかというと

【マスク内に水が入った】

ダイビングで良く起こってしまうアクシデントのひとつです。

マスクが緩かったり、逆に締めすぎたりするとマスクの中に水が入ってしまいます。

マスク内に水が溜まって鼻が浸かってしまうと、息苦しく感じたりします。人によっては溺れているような感覚になりパニックを起こしトラウマになる方もいます。

【呼吸源が外れた】

ダイビングでは呼吸源のことをレギュレーターといいます。

レギュレーターが水中で外れるともちろん呼吸ができなくなります。

その際、海水を飲んでしまったりと最悪の事態を巻き起こす可能性もあります。

 

など不注意でダイビングに対して不安や恐怖を感じる方もいます😭

水中という環境は普段生活している環境と大きく異なるので、恐怖や不安を感じることが当たり前なことかもしれませんね😊

ではどうすれば恐怖や不安を緩和できるのか解説します😊

 

体験ダイビングで怖いと感じたらどうする?

怖いと感じるタイミングは人それぞれあります。

例えば、潜る前に緊張して怖いと感じたという方もいれば水中で徐々に怖くなってくる方もいます。

どちらにも共通してできる対処は

⇒インストラクターに伝えるということです!

水面では口頭で伝えることができますが、水中では話すことができないので必ずハンドシグナルを覚えておきましょう😊

 

インストラクターに相談する重要性
ダイビング無料説明会

怖いと感じているときは冷静になろうと思ってもなかなか冷静になることができないものです。

また一人でどうにかしようとしてもその対処ができないとパニックになる可能性があります😭

だからこそ、インストラクターにまず伝えに行きましょう😄

また、事前に不安なことがある場合や漠然とでも怖いと感じている人は潜る前に担当のインストラクターに相談しましょう!

相談することで事前に対処方法を教えてもらうこともできます。さらにインストラクターもどんなタイミングが危ないのかイメージすることもできるので、恥ずかしがらずにきちんと相談しておきましょう👍

※ワンポイントアドバイス※

・不安がある方はインストラクターのすぐ近くにいることをオススメします😊

・ハンドシグナルは大きくだす。

 

怖いと感じた具体的な状況と対処法

ここからは実際に起こった体験談を紹介します!

 

Aさんの体験談  場所:沖縄 内容:体験ダイビング

友人との旅行で体験ダイビングをすることに。

Aさんははじめてのダイビングで少し緊張はあったものの楽しみにしていました!

いざ潜りだした際にマスク内に水が一気に入ってきてパニックに!!!

浅いところでのトラブルだったのですぐに水面にあがることができ事なきを得ました。

 

【解説】

トラブルの原因はマスクの装着の仕方。エントリー(入水)の仕方に問題がある可能性が高いです。

事前に説明があったかどうかは不明ですが、きちんとマスクの付け方を理解できていればトラブルを未然に防ぐことができたかもしれませんね。また勢いよくエントリー(入水)するとマスクがずれて水がはいってくることも考えられます。

もしAさんがマスクのことについて質問をしていたら防ぐことができた可能性が高いですね!

 

Bさんの体験談 場所:ハワイ 内容:体験ダイビング

沖縄で体験ダイビングを3回ほどしたことがあり、特にトラブルが起こったこともなかった。

ハワイでは外国人のインストラクターだったため、ところどころ説明が分からないことがあったが、初めてではないので、質問はせずにエントリーすることに。

潜行中に耳に違和感を覚えさらに潜行すると痛みが発生。インストラクターに耳が痛いことを伝えたいがどう伝えていいのか分からず浮上することに。パニックにはならなかったものの、耳の痛みがひかずにリタイヤ。

 

【解説】

体調・潜行スピードなどによって耳抜きはできたりできなかったりします。

今回のポイントはすぐにインストラクターに状況の説明ができなかったことが問題です。

もしすぐに伝えることができていたら水中でインストラクターが対処できたかもしれませんね!

 

ダイビングを避けるべき人とは?

少し話が変わりますが、ダイビングはリスクのある遊びです。

なので様々な理由でダイビングを避けた方が良い人もいます。

例えば、風邪や発熱などの一時的にダイビングを控えた方が良い方もいれば、ドクターストップによってできない方もいます。

 

ダイビング禁忌症

身体的もしくは精神的にダイビングを避けるべき疾患、症状を指します。

・精神・情緒不安定

・妊娠

・肺気腫

などと診断されたことがある方は、お医者さんの許可を得てからダイビングに参加しましょう。

気になる方は 「ダイビング 禁忌」と調べてみましょう!

 

トラウマがある場合

過去に体験ダイビングをして怖い思いをした。その時のことが忘れなくてトラウマになっている方もいますよね。

そういった方にオススメの方法は2つです。

POOLでダイビング

波もなく流れもないPOOLでダイビングをすることができます。

ダイビングをしたことがない方や不安がある方にオススメです😄

 

マンツーマンコースでダイビング

マンツーマンコースとはインストラクターと1対1でダイビングをすることができます。

何かトラブルがあってもすぐに対処してくれるので安心ですね!

 

体験ダイビング後の不安を解消する方法

もし、体験ダイビングをしてみて不安はあるがもう一度挑戦してみたいという方は次のことを決めなければなりません。

・どこのダイビングショップにいくか。

・自分自身何に不安があるか理解する。

 

信頼できるダイビングショップの選び方

ダイビングショップを選ぶうえで大切なことは、信頼と通いやすさです。

安全に講習やツアーを開催してくれるのかを見極める必要があります。

アズールでは、無料説明会や学科講習・POOL実習の中でお客様にダイビングを続けていけるかどうか判断して頂いております。

また、通いやすさという点ではショップのスタッフやインストラクターの雰囲気に合うかどうかも重要です😊

まずは説明会やお店に立ち寄って雰囲気を見てみることをオススメします!

 

再挑戦に向けた心構え

過去のダイビングで何が怖かったのか?何が苦手だったのか?をインストラクターに相談してみましょう。

アズールでは過去にダイビングをして怖かったけど、このままで終わりたくないと今ではダイビングを趣味にしている方も多く在籍しています。

トラウマを克服して水中の素晴らしい景色を堪能しに行きましょう😊

関西に住んでてダイビングをしてみたいという方はぜひアズールに遊びに来てください😊

 

 

 

~~~ダイビングに興味があるお友達いませんか???~~~

「ダイビングに興味がある👍」「何か新しいことをはじめたい👍」

そんな方々が周りにもしいらっしゃるなら、ぜひ一度お店に遊びに来てください😊

スタッフ一同首を長~~~~~~~~くして待ってます🤩

⇒無料説明会申し込み⇐

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥29,800

残り

4

名様

アズール大阪/心斎橋店